読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラーを仕事にする方法&ビジネスに役立つ色の使い方 東京 渋谷のパーソナルカラー&仕事の依頼が来るカラーリスト養成スクール

カラーコンサルタント三浦まゆみが主宰する、カラースクール in-living-color(インリビングカラー)のBlog

カラーコンサルタントの三浦まゆみが主宰するカラースクール「in-living-color」のブログです。
カラーをビジネスに活かす方法・色彩検定合格の秘訣、カラーを仕事にする方法を情報発信しています。
◆カラースクールは都内(渋谷)で開催。
◆お問い合わせは、【お問い合わせフォーム】  サイドバーのカテゴリーの一番上からお願いします。

【仕事の依頼が来るカラーリストになる方法】  交流会でカラーの仕事の紹介を生む秘訣

【仕事の依頼が来るカラーリストになる方法】

●交流会でカラーの仕事の紹介を生む秘訣


色で独立した当初の3年前と今の私では大きな違いがあります。

この違いは、カラーの仕事の紹介を生む秘訣です。

何が違うかというと?

『服装が派手になった。カラフルになった。』

「え?そんなこと?」と、思うかもしれませんね。

でも、人はその人の自己紹介の内容と外見が一致していないと、「この話、信用できるのかな?」と思うものです。

例えば、ものすごい年収を稼いでいる社長だと言っている人が、くたびれたスーツだったら信用しますか?

新入社員にマナーを教えていると言っている人が、派手派手メイク、ギラギラアクセサリーをつけていたら信用できますか?

f:id:in-living-color:20160713060848j:plain


私が3年前、勤めていたカラーの会社を辞めた頃、今思えば地味な服を着ていました。

前職は、カラーの会社とはいえサラリーマン。自分を主張するよりも組織としてきちんと仕事をするカラー講師らしい服装をしていたので、堅かったんです。

独立してしばらくしてから、ある人に

「最近、感じが変わったよね。以前は本当にカラーリストなの?って思ったよ」

と辛口コメントをもらいました(汗)

お客様は、よく見ていますね。

お客様が想像する「カラーリストとしてふさわしい服装」をしてください。

少なくとも、黒づくめ、モノトーン、ではなく、華やかに装うこと。

それが、しゃべらなくてもできる「カラーの仕事の紹介を生む秘訣」です。



仕事の依頼が来る、カラーのプロを養成しています。

あなたの強みを引き出し、企業やカルチャースクールから仕事の依頼が来るカラーリストになれる!

【オンリーワンカラーリスト養成講座】

 

f:id:in-living-color:20160530054321j:plain



応援クリックしていただけると喜びます♪