読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラーを仕事にする方法&ビジネスに役立つ色の使い方 東京 渋谷のカラーのプロ養成スクール

カラーコンサルタント三浦まゆみが主宰する、カラースクール in-living-color(インリビングカラー)のBlog

カラーコンサルタントの三浦まゆみが主宰するカラースクール「in-living-color」のブログです。
パーソナルカラー診断の秘訣・カラーを仕事にする方法・ビジネスに役立つ色の使い方を情報発信しています。
◆カラースクールは都内(渋谷)で開催。
◆お問い合わせは、【お問い合わせフォーム】  サイドバーのカテゴリーの一番上からお願いします。

プロフィール写真撮影のパーソナルカラーコーディネートの秘訣とは?

カラーコンサルタント三浦まゆみです。

寒かったせいか、ぎっくり腰になってしまい、すっかりブログの更新が止まってしまいましたが、やっとゴットハンドな先生のおかげで治ってきましたので、またブログ更新していきたいと思います~

先日、ご要望をいただいて、カメラマンの稲次寛さんとのコラボで、似合うカラーアドバイス&メイク付き!ワンランク上の仕事の依頼が来る!【 プレジデントフォト撮影会 】を開催してきました(^^)

f:id:in-living-color:20170306145239j:plain

f:id:in-living-color:20170306145404j:plain


おかげさまで、一昨年の末に私のプロフィール写真を撮影していただいてから、5回目の開催となり、稲次さんも「さらに楽しくなってきました♪」とノリノリで撮影してくださっています。

私は、稲次さんのプロフィール写真に変えてから、業界第2位の百貨店から仕事の依頼が!まさに、ワンランク上の仕事が飛び込む写真♡

*こちらが稲次さんに撮っていただいた私の写真です~

f:id:in-living-color:20170306063022j:plain f:id:in-living-color:20170306063307j:plain

 

今回は、そんなプロフィール撮影会の現場から、カラーコーディネートのポイントを、事例を交えてご紹介したいと思います。

今回の内容はこちらです。


【ワンランク上の仕事の依頼が来る!プロフィール写真のパーソナルカラーコーディネートの秘訣】

【1】最初に確認すべきはやっぱりパーソナルカラー!でも同じサマーでも個性によって色選びは変わるんです

【2】次に確認すべきは「〇〇」!その方の個性と色彩心理効果のコラボが重要!

【3】稲次さんのスタジオのすごい「強み」他とは違う写真が撮れるポイントとは?

【4】まとめ

・・・・・・・・・・

【ワンランク上の仕事の依頼が来る!プロフィール写真のパーソナルカラーコーディネートの秘訣】


【1】最初に確認すべきはやっぱりパーソナルカラー!でも同じサマーでも個性によって色選びは変わるんです


撮影会の前には、私がお客様とメールでやり取りしています。その時にまずお聞きするのはこれ。


〇パーソナルカラーのタイプの確認

私がパーソナルカラー診断をしたことがない方が参加されることもあるので、まずはこの確認。もし、診断を受けたことがなければ、私がその方のお顔を見て(会ったことがなければ写真で)だいたいの似合う色の方向性を確認します。

写真の印象は、仕事を依頼するかどうかを決める重要なポイントのひとつ。

何度も写真撮影会のカラーコーディネートをしていますが、やはり「似合う色」を使った方が格段に好印象になります。

そして、同じサマータイプでも、その人が持っている色素(肌・眼・髪)の色素は違うので、サマーだからみんな同じ色の洋服を着て、同じように撮影する、ということはありません。その方がお持ちの魅力を色で最大限に引き出します。

例えば、ネイリスト&カラーリストの島田淳子(しまだあつこ)さんは、サマータイプですが、眼も明るく、肌も薄く、髪も他の方と比べて繊細な方なので、「明るい・薄い色」いわゆるパステルカラーが似合います。

ですので、洋服の色も優しいオフホワイトとペールトーンにして、「透明感」や「軽やかさ」を大事にして撮影してもらいました。

f:id:in-living-color:20170306070549j:plain

そして、ネイルをしているときの定番スタイルの「白シャツと黒エプロンで撮影したい」というご要望があったのですが、サマータイプの淳子さんには、シャツの真っ白と黒エプロンだとコントラストがつきすぎそうだったので、オフ白のカットソーにしていただきました。

そして、私がやっている骨格ライン診断だと、淳子さんは「オーバルタイプ(流線形が似合う)」ので、柔らかいラインが出る衿の形のカットソーにしていただきました。

そして、稲次さんが、しっかりソフトフォーカスで撮ってくださったので、優しい雰囲気バッチリです♡

f:id:in-living-color:20170306070528j:plain

 

それに対して、カラースクールIn-Living-Colorのパートナー講師、谷口明美先生は、同じサマータイプでも、眼が暗めで肌もしっかり、髪も黒いので、明るすぎない中明度の色で穏やかな色が似合います。


あ、一見、ウインタータイプに見えると思いますが、そこはドレープを当てるとサマーなんです。詳しくは、三浦かご本人に会ったときに聞いてください^^

ですので、淳子さんよりも一段濃い色の洋服と背景色を選んでいただき、ちょっぴり「ゴージャス」な「大人のプロフィール写真」が仕上がりました。

この写真をFacebookにアップしたら、過去最高の「いいね!」がついたそうですよ(^_-)-☆

f:id:in-living-color:20170306065759j:plain



【2】次に確認すべきは「〇〇」!その方の個性と色彩心理効果のコラボが重要!


そして、写真撮影をするときに、もう1つしなくてはいけない大事な質問はこちら。


〇どんなイメージや印象に見せたいかの確認

これは、同じ似合う色のタイプでも、「親しみやすく見せたい」のか「華やかに見せたい」のか「キッチリ信頼感あるように見せたい」のか、などによって、演出の仕方が変わるからです。

「イメージ」は「色の心理的効果」と大きく関係します。例えば、「親しみやすく」ならパステル系とか、「華やかな」なら暖色系やビビッドな色、「信頼感がある」ならブルー系や濃いめの色、など。

色を変えると、人の感じ方は変わるので、そこをしっかりコントロールして演出する必要があります。

ただし、このプロフィール写真撮影会に関しては、「商品パッケージ」とは違うので、その方がお持ちの雰囲気や個性との相性もあります。

ですので、色の心理効果とその方の個性とのマッチングを考える必要があります。


例えば、パーソナルカラーリストの神亜樹子(かんあきこ)さんの場合(アメリカ在住のカラーリストさんです~一時帰国の際に撮影会にいらしてくださいました^^)。

アメリカから、お洋服の写メを何枚もお送りいただき、
最初は、華やかな雰囲気をお持ちの方だったので、鮮やかな朱赤のワンピースも候補に挙がっていました。こちらもお似合いでした。


ですが、今までのプロフィール写真が格調高いダークな色だったので、印象を変えていこう!という話になりました。ちなみに今までの写真はこちら。こちらもかっこいいです。

f:id:in-living-color:20170306090345j:plain


と、いうことで、印象をガラッと変えるために選んだのは、亜樹子さんの「明るい」「親しみやすい」「優しい」イメージを強調した淡いコーラルピンクの洋服です。

亜樹子さんはスプリングタイプですが、以前、私の講座を受講していただいたときに、他の受講生に「亜樹子さんを見て想像するイメージカラーは?」と質問したら、ほぼ全員が「コーラルピンク」と答えるほど、イメージピッタリの色だったんです。

紫みではなく黄みのピンク。珊瑚の色、コーラルピンクは、包み込むような母性も感じられる暖かみのある色。亜樹子さんのイメージそのもの。

今回は、コーラルピンクの洋服と自然に馴染む、黄色のドレープを選んで、柔らかくまとめさせていただきました♪ いい笑顔をされていますよね♡

f:id:in-living-color:20170306081417j:plain

f:id:in-living-color:20170306082511j:plain


そして、宝石鑑定士でもある、アクセサリー販売をされている細川文(ほそかわあや)さんの場合(文さんは、かつてはティファニーにお勤めだったベテランアドバイザーさんです)。

「ウインターやスプリングタイプが似合う」ということで、今までは、「信頼感」を感じさせるダークな色のプロフィール写真を使われていました。こちらです。

f:id:in-living-color:20170306083447j:plain

確かに、信頼感や格調の高さを感じさせる色の代表格は黒やネイビー。こちらの写真もかっこよくて素敵です。眼や髪の黒さともリンクしていてキレイです。

ですが、今回は「もう少し雰囲気を変えたい」というご要望でしたので、「信頼感」を出しつつ、文さんがお持ちの「華やかさ」「女性らしさ」「可愛いらしさ」が出るように色を選ばせていただきました。

「華やかさ」を強調した写真には、思い切ってピンクの花柄のワンピースを。

可愛くなりそうな花柄ですが、品のいい白のジャケットで甘さを押さえて品のいい印象に♪ ホント、お花が咲いたみたいに華やか!人が集まりそうな写真ですよね♡

f:id:in-living-color:20170306083831j:plain


そして、もう一枚。ピンクで上品な頼れるイメージを出したパターン。こちらも、エレガントで素敵です♡

f:id:in-living-color:20170306084144j:plain


今回、事前の洋服選びの段階では、ブルー系のワンピースも候補に挙がっていたのですが、やはり文さんのイメージだと寒色系よりも暖色系の方が華やかさや親近感が増す、と思ったので、今回はピンク系を選ばせていただきました。

ピンクでも、白と組み合わせれば、甘くなり過ぎませんし、カーディガンやニットではなくジャケットなので、きちんと感も演出できます。

そして、ジャケットの候補としては、テーラードの衿のジャケとも候補に挙がっていたのですが、今回は文さんの柔らかさを強調したかったのと、骨格ライン診断ではラウンド(丸みのあるデザインが似合う)方だったので、衿の形もカッチリとした四角いラインが出ないものにしていただきました。

ブラウスの衿の形とも合っていて、首元スッキリな印象になりますね♪

こんな感じで、その方の個性と見せたいイメージをマッチングさせていきます。この過程はすご~く楽しいです♡


【3】稲次さんのスタジオのすごい「強み」他とは違う写真が撮れるポイントとは?


稲次さんは、ご自身のスタジオを持たれていて、マンションの10階のフロア全体にいくつものお部屋があり、そこで場所を変えながら撮影をしています。

こだわりのスタジオは、採光もすごく考えられているので、これも素敵な写真が撮れる重要ポイントです。自然光も入ります~

ご興味のある方は、稲次さんのホームページ「クッキーナッツ・スタジオ」をご覧くださいね。

ここで、このスタジオが素晴らしいのは、壁紙の色や模様があちこちで違うんです!

つまり、背景の色も自由自在に選べるということ。これ、ものすごく「強み」です。

モデルさんの洋服や雰囲気に合わせて背景色を変えると、すごく印象が変わります。ここのマッチングまで考えられた写真ってなかなかないです。

現場では、稲次さんと私で、着替えたモデルさんを見ながら、お持ちになるツールも見ながら、即興で撮影場所を決めていきます。ちょっと今までの事例をご紹介しますね。

こちらは、カラーリストの磯村貴子さん。黒髪、黒い瞳が印象的なので、サマータイプでもちょっとシャープなラインの洋服で、色もコントラストを出しました。

稲次さんが一番最初に選んだ撮影場所はこちら。ダークなブラウンの背景。品が増しますね!

f:id:in-living-color:20170306091232j:plain

そして、グリーンの壁紙も似合う。黒髪と黒い瞳の輝きが更に増します。ツールの色も素晴らしく映えていますよね。

f:id:in-living-color:20170306091352j:plain

あ、なぜ貴子さんだけ、クッキーナッツのロゴ入りの写真かというと、なんと稲次さんと生年月日が一緒!という引き寄せがあり、稲次さんのブログで取り上げてくださったからなんです。ブログ記事はこちら


こんな引き寄せまであるとはビックリでした(笑)

そして、先ほど登場された神亜樹子さんは、こんなキラキラの背景。ラメの入ったワンピース姿を見た稲次さんが、「キラキラさせたい!」と演出してくださいました。

優しい笑顔と品のいいゴージャス感。素晴らしい背景とのマッチングです。

f:id:in-living-color:20170306092154j:plain


そして、ピンクonピンクの優しいほんわり写真は、カラーリストの石井いつ子さん。こちらは文句なく!似合う色に囲まれた、いつ子さんの雰囲気ピッタリの写真です。

f:id:in-living-color:20170211122440j:plain

こんなふうに、写真は背景色でもガラッとイメージが変わります。見せたい印象をコントロールする要素としては、背景とのマッチングも非常に重要ですね!


【4】まとめ

ということで、今回は、【ワンランク上の仕事の依頼が来る!プロフィール写真のパーソナルカラーコーディネートの秘訣】を書かせていただきました。

まず、重要なのは「パーソナルカラー」。やはり、仕事で使うプロフィール写真は、似合う色の洋服を着た方が断然好印象です。

ただし、似合う色のタイプが同じでも、肌や眼、髪の色には個性があるので、その個性に合う色を選ぶことが大事ですね。

そして、「どんなイメージに見せたいのか」によって、色使いを変えることもポイント。色彩心理効果を上手に使っていきましょう。

「その色を見て、人がどんな印象を持つか?」を考えて色を選べるとよいですね。

最後に、洋服の色だけではなく、「背景色」も超重要。自分だけではなく周りとのバランスや色の効果も考えてみてくださいね。

撮影に行く前に、着ていく洋服を選んだら、ぜひ実際に着てみた写真をお友達やご家族に見てもらって意見をもらってください。意外に自分だと客観的に見ることができないので、人の意見を聞くことも大事です。

そして、スタジオでは、試し撮りした写真をぜひカメラマンさんに見せてもらって、「なりたいイメージ」になっているかを確認させてもらってください。現場での微調整も必要です^^

ぜひ、パーソナルカラー、色の心理的効果を駆使して、ワンランク上の仕事の依頼が来る素敵なプロフィール写真を撮ってみてください!

また、ご要望があれば、プロフィール写真撮影会も開催したいと思います♪


似合うカラーアドバイス&メイク付き!ワンランク上の仕事の依頼が来る!【 プレジデントフォト撮影会 】




2日間で、お客様が120%満足し、口コミや紹介が生まれる「正確な診断力」が身に付くパーソナルカラープロ養成講座。ご興味のある方は、下記をクリック!


f:id:in-living-color:20170505112206j:plain



自分の似合う色が知りたい方、プロ養成講座のお試し体験がしたい方の、パーソナルカラー入門セミナーも開催しています!

f:id:in-living-color:20170506105837j:plain