読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラーを仕事にする方法&ビジネスに役立つ色の使い方 東京 渋谷のパーソナルカラー&仕事の依頼が来るカラーリスト養成スクール

カラーコンサルタント三浦まゆみが主宰する、カラースクール in-living-color(インリビングカラー)のBlog

カラーコンサルタントの三浦まゆみが主宰するカラースクール「in-living-color」のブログです。
カラーをビジネスに活かす方法・色彩検定合格の秘訣、カラーを仕事にする方法を情報発信しています。
◆カラースクールは都内(渋谷)で開催。
◆お問い合わせは、【お問い合わせフォーム】  サイドバーのカテゴリーの一番上からお願いします。

キッチン・ダイニングルームのインテリアカラーコーディネートの秘訣とは?お料理を美味しく&楽しくいただきましょう!

カラーコンサルタント三浦まゆみです。

建材メーカー、大建工業株式会社さんの会報誌にインテリアカラーコラムを書かせていただいています。

2017年3月は「お部屋に合わせた色選び~お料理を楽しく!美味しく!キッチン・ダイニングルーム編」について書きましたので、ご覧ください。

f:id:in-living-color:20170317053554j:plain

f:id:in-living-color:20170317053614j:plain

そう、「料理は目で食べる」とよく言います。

せっかくの美味しいお料理なら、盛り付けやテーブルコーディネートに一工夫するだけで、もっと美味しそうに見えてしまいます。基本は暖色系の温かみのある光、テーブルコーディネートがオススメ。食欲がわく色です☆

写真は黄色のテーブル&フラワーコーディネート。見ているだけで明るい気分になりますね~会話も弾みそう♪

f:id:in-living-color:20170317053935j:plain

 

そして、キッチングッズも色を揃えると狭い空間に統一感が出て、スッキリまとまります。例えば、トーン(薄い、濃い、鮮やかなどの色の調子)別にキッチングッズを選んでみると、こんな感じです!

パステルトーンを選べば、女性らしい優しい雰囲気のキッチンに。

もっと鮮やかなブライトトーンやビビッドトーンを選べば、楽しいキッチンに。

ダークなトーンを選べば、落ち着いた大人のキッチンに。

f:id:in-living-color:20170317054215j:plain

ナチュラルなベージュやグレーを選べば、シックなキッチンに。ただし、色がかなりおとなしいので、この場合は、テンションが下がらないように、白や観葉植物のグリーンなども上手に組み合わせましょう。

白黒のモノトーンを選べば、モダンでスタイリッシュなキッチンに。こちらも、あまり無機質になり過ぎないように、彩りのある果物を置いたり、キッチンクロスなどで鮮やかな色のアクセントを加えるといいですね。

こんな感じで、自分の「好き」なスタイルを、色から探してみるのも面白いと思います♪楽しみながらお料理がつくれて作業効率もアップしちゃいますね!


インテリアカラーコラムの過去の記事はこちら

 

 

企業やカルチャースクールから仕事の依頼が来るカラーリストになれる!「オンリーワンカラーリスト養成講座」。修了生がカラー業界で活躍中!ご興味のある方は、下記をクリック!


f:id:in-living-color:20161223103404j:plain


3日間で、お客様満足度が120%になる!「正確な診断力」と「的確な提案力」が身に付くパーソナルカラープロ養成講座。ご興味のある方は、下記をクリック!

f:id:in-living-color:20161221055750j:plain



自分の似合う色が知りたい方、プロ養成講座のお試し体験がしたい方の、パーソナルカラー入門セミナーも開催しています!

f:id:in-living-color:20170101104446j:plain