読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラーを仕事にする方法&ビジネスに役立つ色の使い方

カラーコンサルタント三浦まゆみが主宰する、カラースクール in-living-color(インリビングカラー)のBlog

カラーコンサルタントの三浦まゆみが主宰するカラースクール「in-living-color」のブログです。
カラーをビジネスに活かす方法・色彩検定合格の秘訣、カラーを仕事にする方法を情報発信しています。
◆カラースクールは都内(渋谷)で開催。
◆お問い合わせは、【お問い合わせフォーム】  サイドバーのカテゴリーの一番上からお願いします。

部屋を広く見せるインテリアカラーコーディネートとは?

企業インテリアカラーコラム

カラーコンサルタントの三浦まゆみです。


建材メーカー、大建工業株式会社さんの会報誌にインテリアカラーコラムを書かせていただいています。

2016年10月は「快適な住まいは色から~部屋を広く見せる色使い」について書きましたので、ご覧ください。

f:id:in-living-color:20161012084719j:plain

f:id:in-living-color:20161012084732j:plain

紙面に写真を載せられませんでしたが、暖色と寒色のインテリアの比較はこちらです。

f:id:in-living-color:20161012085241j:plain


やはり、暖色よりも寒色の方が部屋の壁が後ろに下がって、広がりがあるように見えると思いますが、いかがでしょうか?

一般住宅では、部屋を広く見せたいケースがほとんどだと思いますが、オフィスや商業施設などであまりに広い空間だと、逆に閑散として見えて寂しい印象になってしまう場合もあります。

そんなときには、あえて暖色を使って空間を狭く見せる工夫もできます。すごく長い廊下の一番奥の壁を暖色にすれば、その長さ感を緩和できます。

色の効果を使うと、目的に合わせた快適な空間づくりができるようになりますね。

・・・・・・・・・・

おかげさまで、大建工業様の会報誌にコラムを書かせていただいて1年になりました。

前回までは、色ごとのインテリアコーディネートをテーマとしていましたが、引き続き、今月からはテーマを変えて執筆させていただくことになりましたので、今後ともよろしくお願いいたします(^^)



過去のインテリアカラーコラム記事はこちら


f:id:in-living-color:20160530054321j:plain



応援クリックしていただけると喜びます♪